無修正について

国内のAVを視聴する際にはどれも局部にモザイク処理がなされているため無修正で楽しめる作品はないのかと感じたことがある人も多いかもしれません。
しかし、日本において無修正の画像や動画を販売したり、インターネット上にアップロードする行為というのは「わいせつ物の頒布・陳列」に該当し、刑法175条で罰せされることになってきます。
そのため、例えばたまにニュースなどでも裏DVD販売業者の摘発などが取り上げられたりするのですがこの裏DVDというのはいわゆるモザイク修正のされていないAVになるためこういったDVDを販売している業者というのは刑法175条に基づいて逮捕されることになってきます。
つまり、日本国内で無修正AVを販売するというのは認められていないのだということは大前提として理解しておかなければなりません。

 

海外配信の場合はどうなのか?

 

ところが、日本の法律というのは日本国内においてのみ適用されるため海外で配信されているAV動画については刑法175条を適用することができません。
例えば、アメリカの一部の州では無修正が合法とされているためそういった場所でAV動画が販売されている場合には業者を日本法で罰することができないことになってきます。
(※確かにアメリカにいる日本人が無修正が合法になっている地域でアメリカ人に無修正AVを販売するというのは何の問題もありません。)
つまり、無修正が合法となっている海外でのAV動画の販売を日本が規制するというのは現実的には非常に難しいことになってきます。
そのため、この解釈を根拠に海外の一部の地域では特に何の問題もなく無修正AV動画サイトが運営されているというのが現状になっています。

 

海外運営の日本人向けサイトの是非

 

アメリカにいる日本人がアメリカ人向けに無修正AVを販売するというのは確かに無修正が合法の地域においては何の問題もありません。
しかし、海外で運営されているのが明らかに日本人向けの無修正AV動画サイトである場合にはサーバーが海外にあるだけで実質的には日本国内で無修正AV動画を販売しているのと同じような状態になるわけですからその是非というのが議論されることになってきます。
やはり、日本国内での裏DVD販売が厳しく取り締まられている以上、なぜAV動画なら良いのかとなってくるのは当然だと言えるでしょう。
とはいえ、無修正が合法な地域で運営されているというのも確かにそうですからこの根拠を覆せない以上簡単には警察も手を出すことができません。
そのため、現状としては無修正が合法な地域で運営されていたとしても日本国内から無修正画像等のアップロードが行われた場合には摘発されるというのが実情になっています。
(※これまでは、警察も全く手出しできないという状態ではあったものの、国内でアップロードされた場合には海外運営でも摘発可能という裁判所の判断が下ったため実際に逮捕者が出ました。)

 

つまり、警察側もどうにかして無修正を摘発できる状態にしたいというのが実際の所ということになってきます。

 

今後の無修正の取り扱い

 

現状としては一般のユーザーが海外サイトから無修正AV動画をダウンロードしてもそれだけで逮捕さることはありません。
逮捕されるのはあくまでも「日本において無修正の画像や動画を販売したり、インターネット上にアップロードした者」ですから普通の人は購入した無修正の作品を再販売したり自分のブログなどにアップロードしたりしない限り一応は問題ないことになっています。
ただ、今後については著作権法や児童ポルノ禁止法などのように法改正によって一般の人のダウンロードや単純所持にまで適用範囲が広がる可能性も100%ないとは言い切れませんから無修正サイトを利用するのは危険だと言えることになってきます。
(違法ダウンロードや児童ポルノもサイト運営者を罰するだけでは減少しなかったためユーザーにまで刑罰対象が拡大しました。)

 

無修正AVについては裏DVDの摘発が厳しく行われている以上、無修正販売業者を減らすためにユーザーのダウンロードにまで法の適用が拡大する可能性を考えるのは自然な流れになってきます。
警察としても海外運営の無修正サイトは海外の法に守られて手が出しにくいわけですからユーザーを罰することで本丸を撲滅させようという方針になったとしても全く不思議ではありません。
(また、ユーザーとしてももし逮捕されて実名で報道されれば「無修正で捕まった人」という烙印を押されてしまいますから無修正サイトの利用は大きなデメリットになる可能性もあることになってきます。)

 

そのため、安心してAV動画を楽しみたいのであれば結局は日本法を順守して運営されている国内のAV動画サイトを利用するのが一番ということになるわけです。